就職、転職時の注意点

学校生活も終わり、いよいよ就職する時が来ますが、就職では、いろいろな問題があると思います。まず自分の選んだ就職先が、果たして自分に向いているか、そこの会社の社風が自分に向いているか、これは、実際に入社して働いて見ないとわかりません。入社1っか月で、転職すると言う話もよく耳にします。就職先を選ぶときは、よほど考えて、選ばなければなりません。
 そこで、問題となる点がいくつもあります。まず、自分が都会で就職したいのか、田舎の地元へ帰ってUターン就職を希望するかであります。都会の大手の就職先に決めた場合は、海外転勤や、単身赴任などを覚悟しないといけません。ヨーロッパやアメリカは良いですが、海外では、治安の悪い所もたくさんあります。充分考えて、就職先を決めないといけません。その他、どの分野の仕事が、自分に向いているかであります。銀行や証券会社は、デスクワークがほとんで、残業も多いと思いますが、果たして、その仕事で、定年まで辛抱できるかと言うと、よく考えなければなりません。営業職の人は、外回りが多いので、適当に息を抜ける時があるように思えますが、ビルの片隅で、それこそ窓際族の人は、定年まで、辛抱できるかと言うとよく考えなければなりません。
 次に、転職の問題ですが、転職する時もよく考えなければなりません。コツコツ働いていたが、同業者に引き抜かれたと言う話も耳にします。しかし、その転職先では、「良いことは何もなかった、これなら、転職しない方が良かった。」と言う話もあります。その他、転職する場合、同じ業種に転職する場合は、高級優遇とされている場合もありますが、「もう、この業界は嫌だ。」と言う人には、どのような職種があり、どのような職種が合うかを考えなければなりません。20代、30代での転職は、転職先もたくさんあり、職業安定所へ行っても、困ることは、ないかと思います。しかしながら、50歳を超えてからの転職となると、良い待遇の転職先は期待できません。妻帯者の場合は、大変であると思います。
 終身雇用制度が崩れはじめている現代では、実力主義の会社もたくさんあります。安定を狙って、公務員になる人も大勢いると思います。また、家が商売をしているので、家業を継ぐ予定の人は、就職で悩まなくてもよいわけであります。その他、資格や特技を身に着けて、就職に生かす方法もあります。

医師 転職 東京 神奈川 埼玉 千葉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です